鳥取県 西部.米子市を中心に高断熱 高気密 高耐震(制震)の低燃費な住宅をご提供する工務店です。
DSC_0064
2019年9月17日

目久美町の現場にて

以前の記事はこちらから

 

今日は目久美町の現場にについてお話ししようと思います

DSC_0065

この前、電気屋さんが入りコンセントの穴やダウンの穴をあけました

下地の時点で野地の裏側に

電気の線やテレビ電話などの通信の線も配線されています

 

その後、大工さんが一回入り、この黄色い色のボードを張り

窓枠や建具枠などをつけてもらいそのあと電気屋さんに入ってもらいます

DSC_0069

この時に、ボードで見えなくなるので、配線の場所を覚えておきます。

そして、以前配線した位置からお客様とお話しした場所へコンセント、ダウンライト・シーリングライトの穴を取り付けたりします

DSC_0066

電気工事を見ていると細い棒を手や足のように気用に使い

電気の線をたくっていきます

よく見るとマグネットの棒を使って出したりしていました( ゚Д゚)

 

DSC_0068

この時点でテレビ・電話の線は外部に出て丸まっています

 

 

 

 

 

この後は塗り壁の下処理などをして白い壁になっていきます

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

                               担当 香田

 

私たちは丈夫で快適な高性能住宅で、末永く安心して暮らしていただくために、日々素材を吟味し、断熱・気密・耐震など住宅性能の向上に取り組んでいます。わからない、不安なことがあれば、調べてお返事いたします。問い合わせは右上にございます