鳥取県 西部.米子市を中心に高断熱 高気密 高耐震(制震)の低燃費な住宅をご提供する工務店です。
DSC_2579
2019年4月27日

両三柳の現場にて

以前の記事はこちらから

4月は暖かな日差しが多かったですね

今回は両三柳の現場のお話をしようと思います

以前は基礎の状態から土台がある状況でした

DSC_2564

DSC_2569

 

そのあと建前がありました

今回の新築も2階建てで

地震に対することとして、筋交いだけではなく

緑色の耐震面材という地震に対して発揮する板や

 

DSC_2595

 

建前が終わった後に

その家ごとに付ける本数を変えて制震の役割をする

制震ダンパーも設置しました

DSC_2639

 

 

今は建前が終わり窓も付いています

今回もトリプルガラスの樹脂窓を採用しました

樹脂はアルミとは違い熱の逃げる量が少ないため壁の中まで結露してカビが繁殖することはありません

 

またトリプルガラスを採用しているので夏場の強い日差しが差し込むときにも効果的です

 

DSC_2641

 

DSC_2640

DSC_2638

 

 

壁の断熱材はセルロースファイバーを使います

中身は新聞紙なので人体にも影響はなく

壁の中の木材と一緒に湿度調整をしてくれます

DSC_0011

DSC_0004

写真はシートを覆った状態で

このあと真ん中にある四角の機械で吹いていきます

セルロースファイバーも自社施工なのでしっかりと壁の中に入れることができます

 

 

屋根の下には部屋がありそこの部分に

屋根から降りてくる熱に対して断熱材を入れます

今回も桁上断熱は二重に敷いていきます

 

もちろん後から寒かったり扱ったりしたときには

点検口があり、空間の余裕もあるので断熱材を敷くことができます

 

DSC_0010

DSC_0007

 

 

これからここの現場も外だけではなく中も変わっていくので楽しみです(*’▽’)

 

ここまで読んでくださりありがとうございました

                                  担当 香田

 

 

私たちは丈夫で快適な高性能住宅で、末永く安心して暮らしていただくために、日々素材を吟味し、断熱・気密・耐震など住宅性能の向上に取り組んでいます。わからない、不安なことがあれば、調べてお返事いたします。問い合わせは右上にございます。